• 土地開発 工場 倉庫
  • 不動産 お問い合わせ 新築
長野市 不動産 北岡開発
  1. HOME
  2. 住宅取得のための相続贈与税

住宅取得資金 贈与税の非課税額の拡充で変わる住宅取得

平成31年6月30日迄の住宅取得控除において2015年に平成27年までの税制改正大網が決定しました、これにより2015年より住宅所得時の非課税額が拡充しました、この機会に住宅取得を考慮することで大きな効果を得られます。
従来の相続税との比較を考えても効果が高く、新築戸建住宅をお考えの方にとって朗報となります。

北岡開発では、新築戸建住宅の取得に関してこれらの制度をご利用されることをお勧めしております。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉

経過によっての違い 2016年1月から非課税枠が700万円に縮小予定

この1000万円の非課税枠は2015年限りとなっており、2016年以降は段階的に金額が変わることになっています。

2017年4月に消費税率が10%に引き上げられる予定になっていることから、その前後で住宅需要が大きく変動しないようにするためです。
よって、その前、そのあとに非課税枠が拡大します。

契約期間と住宅の条件 消費税10% 消費税8%
良質住宅 普通住宅 良質住宅 普通住宅
2015年(平成27)12月 -- -- 1,500万円 1,000万円
2016年1月~9月 -- -- 1,200万円 700万円
2016年10月~2017年9月 3,000万円 2,500万円 1,200万円 700万円
2017年10月~2018年9月 1,500万円 1,000万円 1,000万円 500万円
2018年10月~2019年6月 1,200万円 700万円 800万円 300万円
※2016年10月以降は消費税率10%が適用されるケース    

このように贈与税の非課税枠だけを考えると2016年10月からが最もおトクなのですが、それは消費税増税による負担増を軽減するためのものです。そう考えると、消費税が8%のうちに贈与税の非課税枠が1,000万円に引き上げられる2015年中が、親御さんから援助を受けて家を買う好機といえるでしょう。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉

相続税精算課税 2,500万円まで贈与税がかからない

贈与税の課税方法は毎年1月1日から12月31日までにもらった額が税金の対象となる「暦年課税」が一般的ですが、特定の親や祖父母からの贈与について別枠で課税する「相続時精算課税」を選ぶこともできます。相続時精算課税を選ぶとその親や祖父母からの贈与については暦年課税に戻ることができず、110万円の基礎控除が使えなくなりますが、累計で2,500万円まで贈与税が非課税になる特別控除が利用可能です。

この相続時精算課税は親や祖父母が60歳以上で子・孫が20歳以上という年齢制限がありますが、住宅取得資金の贈与に関しては特例で親や祖父母の年齢が問われません。さらに前述した1,000万円の非課税枠も併用できるので、最大で3,500万円(一定の基準を満たす住宅は4,000万円)まで贈与税が非課税になります。

ただし、相続時精算課税の対象となる贈与額については、1,000万円の非課税枠を除き、援助してくれた親や祖父母の相続が発生した時点で相続財産に加算され、相続税の課税対象になります。贈与を受けた時点で贈与税が非課税になっても、将来の相続時に相続税が課税されるケースもあるので注意してください。 詳しくは資料を揃えてお待ちしております。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉